市場でエネルギー充電!

 旅は早起き。どうしてか早起きになる。荷物をまとめて身支度をする。友人現れる。午後までの行動を簡単に打ち合わせる。ホテルのそばの市場に行って、パン屋。これが今日午前中の行動。

 我々の泊まっているホテルの最寄駅はmaison blanche。駅のそばで市場がたっている。
まずはここを見学。けっこう大きい市である。まず最初にピチピチのお魚に心奪われる!
「ひらめ~舌平目~アンコウ~スズキ~オマール~」日本でなかなか買うことのできないお魚が沢山である。いくつもある魚屋を通り過ぎるたびに「じい~っと」魚と見つめあっておりました。
ダルダルモードだったはずの私が突然元気になるので友人に笑われる。

b0080055_1525222.jpg
b0080055_15254276.jpg
b0080055_1526066.jpg


 さて一通り見た後はメトロにのりパン屋へ!まずはブーランジュリーモンジュ
いろいろなパンがあって迷う~でも他のお客さんがいるので急いで選びました。エスカルゴのイスタチオペースト入りが一押し!ハード系のパンはというとシャンテーニュというのをひとつ。
でもね・・・思ったよりは焼きが浅くて味もうう・・こんなもの?という感想に。
b0080055_15201070.jpg
 
b0080055_15225624.jpg
日本ではしない歩き食べしながら朝食です。フランスの人はよく歩き食べしてるのはなぜ?でしょうね~私は日本ではしませんよ。

お次はカイザーです。カイザーではバゲットとかヴィエノワズリー系、お昼用にサンドイッチをチョイス。けっこうなボリュームですね。選ぶのに迷ってしまい、お店のおばさん不機嫌になる。近くにも1軒カイザーが。チェーン店なんですね~。

この地域は少し高級なかんじの食料品とかお菓子屋がある。ちょうど通りがかったお菓子屋さんではお店のオープン準備中。「美味しそうだね~あのでっかいメレンゲ懐かしい~」などとウインドウをじいい~っと見ていると、お店のおじさんが手にしたメレンゲを「いる?食べたいの?」みたいなジェスチャーをしてくれる。ゲンコツサイズのメレンゲは朝から無理なので駄目という顔で返事をした。こういう自然なコミュニケーションが外国はいいな~と思いながら、歩きつかれたのでカフェで休憩。カフェインで頭がシャキッとする。


 その後は6区まで出てラスパイユのBIOのマルシェへ。あっちでもこっちでも試食させてもらってお腹は大満足。この市場では日本人観光客がチラホラ。若い女性3人組の人達の声が聞こえる。「ここは不潔だし、ギャラリーラファイエットで買おう~」とリーダーらしき人が言い「そうね」とうなずく2人。何をしに市場まで来るのか?ぜったいお友達になれないわ~と思ってしまう。
b0080055_1428873.jpg


 さて行列しているチーズ屋を狙って並んでみました。「このフロマージュブランはトマトと一緒に食べると美味しいよ~」とかお客さんにアドバイスをしている会話を聞きながら待ちます。あまり大きいのは食べきれないのでシェーブルコーナーへ。4種類ほど試食させてもらってクロタンドシャビニョールを買いました2.5ユーロ。新鮮そのものの味がします。
最近雑誌でも紹介されている蜂蜜屋さんの蜂蜜キャンディーを発見!お兄さんがカッコいい。お兄さんすぐに試食させてくれましたが、でっかい飴だし口がいっぱいで大変です。小さいサイズの飴があったので同じもの?と質問したら、花粉が固まったやつ(名前知りません)入りなので味がもっと強いとのことでしたので初心者の私は普通のタイプを買いました。3ユーロだっけ?他にもオリーブの少し干したものとか、小さめのリンゴやなし、アジャンのプラムに干しイチジク、なつめやしなど、そして今日の晩御飯用にプレロティを買いました。ほんとはサラダも欲しかったけど時間がないのであわててホテルへ・・・


 その後ホテルの近くの市場でトマトとマッシュルーム買う。スーパーで袋入りサラダ菜とお水を買い込みました。日曜日で開いているスーパーはかなり少ないのでレジは大行列。我々の前の小さな男の子を連れたママさんと子供の会話を聞きながら待つこと10分以上。「このお菓子買ってもいい?」「駄目よ」お母さんがチョコレートをかごに入れると「お母さんも買っているじゃない!」「これはガトーショコラ作るためのものなのよ」と延々おねだり作戦が続き・・・。結局負けて子供の勝ち。抱っこされている男の子は笑顔で「やっぱりママは優しいね~」とささやいておりました。顔も可愛いしこの子は大人になると末恐ろしいです。でも私もこの笑顔には負けるな~と思いました。

 ホテルに帰ってスーツケースをお願いして、いざモンパルナス駅まで出発です。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-02 12:47 | paris

シャワーが出ない!

 ホテルに夜中に帰り、シャワーに入るとぬる~いお湯がチョロチョロ出てきた。いろいろとやってみたけどそれ以上に温度は上がらず。これってガイドブックで昔読んだエピソードではないですか!生まれて初めての体験である。しょうがないので風邪をひかないうちにお風呂終了させた。
 ただでさえ疲れきっているのに寒いお風呂なんて・・・。眠いし朝早いので寝ようとする。ウトウトし始めたところに、今度は部屋の近くでワイワイとにぎやかな宴会している声が聞こえてきた。
そのうえ、もっと下のほうからは「1,2、3~」と中国語でどうもダンスで盛り上がっているような声までする。なんだかろくに眠れず朝を迎えることになった。
 
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-01 14:59 | paris

シャルティエ

 友人の後輩に会うためにオペラから2駅のところまでいざ出発!飛行機の遅れとか、ホテルが遠いこともあり予想を2時間は遅れてしまった。

 メトロのあがったところで待っていると、友人の後輩I君が走ってきてくれる。もう時間は9時ぐらい。「シャルティエはここからすぐ近くにあるんです」と彼のお気に入りのお店へ。
 ガイドブックにもあるお店でもあるんですが、味はともかく昔ながらの食堂っていう雰囲気と内装が好きということでオススメらしい。
 土曜ということで店は行列。観光客よりけっこうフランス人が多い。待つこと30分でしょうか?やっと席に座れた。b0080055_1574974.jpg
b0080055_1575872.jpg
内装は電車の網棚みたいなのがあったりと面白いかんじ。私も友人もすぐにお気に入りになった。日本人観光客も何人かいました。だいたい女性。パリって女性グループの日本人が多いですね。男性の場合は一人の場合が多い。

 「料理は美味しいとはいえないけど、これぞフランスっていうメニューです!」という説明は間違いではなかった。

 前菜はハムとかがオススメです(まずくないってことで)との話でバイヨンヌのハム・普通のハム・そして私はミュゾーをセレクト。メインは羊のグリエとフリットをセレクトした。羊は塩味がまったくしないので塩・こしょうをガンガンふり、マスタードをつける。ソースはロゼの焼き加減だから赤い肉汁がソースってとこでしょうかね・・・

 今回の旅は塩が一種隠れテーマになっているかもしれないことを暗示させていたシャルティエの料理。b0080055_15124655.jpg
b0080055_15125622.jpg

b0080055_1513978.jpg
 ワインは無難にコートデュローヌをI君がセレクトしてくれたけど・・・ラベルになぜかワインのしみがついている。飲むと、まるでお日様がさんさんあたる窓辺に置きっぱなしのボトルを持ってきました〜みたいな味。まるで顔がしかむような味で、なかなかな味ですね〜と別の意味で皆で感心する。

お菓子はさらに美味しくないですよ〜ということで、面白さもあって頼む。
b0080055_1516372.jpg
b0080055_15164561.jpg

チョコムースが最高にまずかった!豆乳ココア味?てなかんじの粉ぽさ。パティシエ2人がそれを分析していたのが面白かったけど「たぶんチョコは一応入ってますね、ボンブも使っていると思いますよ」など・・・他は買ってきたまんまのアイス。買ってきただろう〜りんごのコンポート(スーパーで売ってるまんまのリンゴのピュレ)などなど、ある意味日本では食べられない味を堪能した。

 横では店じまいの合図でボスらしき人が伝票をたくさん広げて計算してたり、掃除を始めたりと、店員さんがお構いなしな様子がとても楽しかった。ヨボヨボのお年寄りが現役で働き、伝票が紙のクロスに直接書くので有名なこの店。味でなく雰囲気を楽しむには安いしオススメだなと思いました。今日の晩ご飯は20ユーロなり。
 
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-01 14:58 | paris

ホテルまで

 今回はリヨン駅で降りることにした。タクシーを捜す。もう身体は疲れてヨレヨレ。早くホテルに到着したい気分でいっぱい。

 タクシーに乗る。住所をさすと「うう~んわからないな~」と言い始める。パリの運転手さんって道をけっこう知らない人多いよね。前もそういうことあったので自分の地図を出して指さして教えてあげると「ああ~はい!」とわかった様子で一安心。

 我々が今回宿泊するのは13区のチャイナタウン。ユーロが高いのと部屋割りできないので、
一番安いクラスのホテルになったのです。チャイナタウンに入ると中華のお店だらけ。「君達は毎日中華食べているんだろう?」と聞かれた。「日本人なんで毎日は食べません」と答えたら、
「あ~日本人なのか~、昔は日本に何度か行ったよ~。最初に行ったのは成田がない時代、
羽田に到着したんだよ~」「日本は好きだよ~」といろいろと楽しそうに話してくれた。「ここの店!美味しいから行ってみてよ」とおじさんは自分が時々行くお気に入りのお店まで教えてくれた。

 さてホテルに到着。ほんと小さなホテル。受付には中国系のオジサンがいて、怖いぐらい優しい笑顔で迎えてくれた。部屋に案内された。迷路のようなホテルで部屋はほんと質素なお部屋でした。けっこう女性客も多くて、アメリカ系のバックパッカーみたいな人とかいろいろと旅なれてそうな人がウロウロしてました。

 

 
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-01 14:43 | paris

到着!

 パリに4時半頃到着。荷物を受けとって、両替所を探していざリムジンバスへ!今回は往復券を購入。18ユーロなり。切符を買いながらああ、フランス語を使ってるわ~と思う。
 
 バスがなかなか到着しない。友人の後輩に会うのに遅くなりそうなので電話する。携帯つながってホッとするし不思議な感覚。vodafoneって便利ねってこのときおもった。その時、目の前で警察官が手帳を出して、黒人の人を尋問している光景が見えてきた。おおお~「警察です」っていう光景!テレビで見たけど、生で見たのは生まれて初めて!!とドキドキした。

 バスに乗る。窓から地平線を眺めてフランスだ~と友人と話する。窓からは大きな虹が2本見えた。なんかラッキ~な気分だねと言いながらパリ市内へ・・・
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-01 14:36 | paris

飛行機で

お約束の・・・機内食撮りました。でも帰りの飛行機は撮るのを忘れるんですね~。

しかし2回しかでないんですね~。ま、美味しいわけではないからいいけど、なんか寂しい。
お味は思ったよりましでしたよ。

ちなみにケーキは毎回恐ろしい味であることが多いのでパスです。

b0080055_14224125.jpg

b0080055_1422503.jpg

映画「さゆり」とか見たり、ゲーム(オセロ)したりと楽しみました。
この飛行機でちょっとしたハプニングがありました。

 私たちの隣に座っていた男性がトイレに行く際私もついでに行こうとついていったら、通路でパタンと倒れてしまったんです!飛行機内は大騒ぎ!私はお酒が原因じゃないのか?と思い、キャビンアテンダントにコソッと教えることにしました。

 ご家族で赴任されている男性で小さい子供さんを連れての旅だったので疲れもあったんでしょうね・・・。

 しかし今回は生まれて初めてぐらい飛行機が狭かった。友人と私と隣の男性もナイフとフォークを使うと肩があたるというほどの狭さ。ろくろく眠れず12時間を過ごしました。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-01 14:20 | paris

フランスへ出発!

 昨年の夏の終わりに友人からブルターニュに行きたいというメールを受け取ってから約半年。
旅の参加を人に呼びかけてみたり、旅の計画で悩んだりといろいろなことがありましたが無事に成田からシャルルドゴールへ出発となりました。

 今回の旅のテーマはブルターニュ・キブロンにあるアンリ・ルルーさんのキャラメルを食べる!です。
 参加メンバーは最後まで悩んでくれた人もいたのですが、残念ながら私と友人のみ。そしてフランスに住むHさんがパリで途中合流という形になりました。
 
 さてさて、9時ごろ成田で友人と合流。1年半ぶり?の再会です。再会の喜びもそこそこに成田はすごい混んでいたので早々と中に入ることにしました。

 飛行機は私にとってはフランス行きでは2回目の日系。anaで直行便というなんだか贅沢な気分です。これから12時間の旅です。ワクワクしながら、朝から友人とハーゲンダッツのアイス買って食べながら出発を待っておりました。なんせ食べることには自信のある2人です。

 これから何食べようか~という喜びでいっぱいです。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-01 00:00 | paris