あらら暴動か?

 店を出て歩いていたら、なんだか人だかりがしていました。

 気になるので、ちょっと寄り道ということで見に行くことにしました。警察やら、報道のカメラの人とかがいるので、お!暴動かしら?とドキドキ。見ればルノーのツウィンゴのフロントガラスが割られていてレッカーされています。少し前に一騒ぎあった様子。インタビューを受けている学生らしき人とかもいて、面白く見学しました。周りには我々と同じ野次馬が沢山。皆携帯で写真を撮っています。どこの国も同じ姿ですね。

 
b0080055_12555285.jpg

b0080055_1256450.jpg

b0080055_12561537.jpg

[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 16:52 | paris

再びチョコを目指して

 一息ついて再び行動です。公園を出て6区の裏通りをウロウロ歩いていたら、とある店の前にワンちゃんがいました。ずっと片足上げてお座りしてるので、あまりの可愛さに声をかけてみた。それでも足上げたままなので「写真撮るよ」と言ってパチリ。なんか撮られなれている雰囲気でしたね。
b0080055_12505782.jpg



 今度はピエールマルコリーニへ。

 マルコリーニは知っているイメージどうり。シンプルでシックなお店です。店員さんにチョコレートの説明をお願いした。ちょっと女性ぽい喋り方の男性の店員さんは真面目に真剣に説明してくれる。でも知らないものもあったようで、女性店員に「これはなに?」と控えめに質問をして「ああそうか」と納得して再び説明してくれた。なんだかミスしたら、泣いてしまいそうな雰囲気を持ってて、気になってしまう。ハートの形のと、スミレ味、キャトルエピス(スパイス味)とそしてチョコの粒が入ったギモーブを買った。お金はなるべく小銭を使いたかったので、小銭をチャラチャラ並べて計算してもらった。お兄さんは笑っていた。

 さてさて、お次はパトリックロジェへ。番地を頼りに行ったけど、見つからなくてけっこう歩いた。
お店はなんか洗練っていうの言葉にはならない雰囲気で雑多なイメージ。パックの商品がところ狭しと並んでいます。
b0080055_12482058.jpg

b0080055_12484543.jpg


友人はそこで高くて有名な目玉みたいなチョコを買いました。47ユーロだったような?(あまりに高くて記憶しました)3種18粒入り。店員さんに聞いても一粒売りはしないとのことでした。私はまた説明をうけて、ここはフルーツっていうイメージがあるので、フルーツのフレーバーなどを何粒か購入しました。お金を払っていると、大通りではパトカーが沢山走り始める音がするので見ていたら、「マニフェスタッションよ」と店員さんが教えてくれました。
b0080055_12485850.jpg

b0080055_12491344.jpg

[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 15:35 | paris

やっと一息。お昼を食べま~す。

 お腹もすいて、いよいよランチタイム。リュクセンブルグ公園に行きます。パンもメインもデザートもありますよ~。
 ポワラーヌのパンを食べて、サラダとジャンボンペルシエを食べる。外で食べる食事は美味しいね~。
 
b0080055_14381076.jpg

 いよいよ高い高い、エルメのデザートだ!トマトがはいったのを食べる。ううう・・・?あえてデザート?うう~ん高級トマトが沢山あるなかで育った私にとっては、もっとトマトのレベルアップをお願いしたかった。イスパバンのグラスデザート。「うう~ん味がぼやけてるな~イスパバンが美味しいよね」という話に・・・デジレを食べる。「一瞬カルピス?と思った」「複雑な組み合わせでいろんな味が組み合わさってるけど、カルピスだね」と・・・・・3000円(ランチに匹敵する)のデザートはあっというまに終了。
b0080055_14382735.jpg

b0080055_14384574.jpg

b0080055_1439077.jpg


 我々の後ろをパリマラソンサークルみたいな人がエッサエッサと走っていた。そんななかをデザートをモグモグ食べておった。お喋りして、ちょっと景色を眺めて、少し一息つきました。

 仕上げにコンスタンのチョコをちょこっといただいて、さあ次に出発で~す
b0080055_14394239.jpg

[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 15:31 | paris

ボンマルシェでマダム気分

 さてボンマルシェへ。友人はここの上の階にあるお菓子屋さんが気になるそうで、洋服コーナーを通り過ぎ、そこの店があるカフェへ。どうもカフェで食べるお菓子のようだった。しょうがないので、降りる。
 次に地下に下りた。ここでプラスチックのフォークを買う。さすがボンマルシェ。使い捨て用のパーティーするための食器類が可愛い~長居しそうだった。でも高い高い、こんなパーティーするだけにそろえるの軽く5000円以上は飛んでいきそうな商品たちだった。やっぱり高級デパートね。
 食品売り場へ。ここの食品売り場が好きである。ほんとは時間があれば1時間は軽く遊べるけど、時間がないのでお惣菜を買う。やっぱりジャンボンペルシエははずせません。ここの美味しいのです。後はクリュディテのインゲンを買う。

 歩きながらお水コーナーを撮ってみました。ぶれていますが、いろんな形のお水がいっぱいです。
b0080055_14303198.jpg

b0080055_14304798.jpg

[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 14:24 | paris

ポワラーヌを買って教会へ行く

 歩いていてポワラーヌ発見。ついつい買ってしまった。だってだって、美味しいもん。このサクサクに焼いた素朴なパイ生地たまりません。リンゴのタルトとショーソン。そういえば、日本人を見かけないですね。この界隈なら観光客歩いてそうなのにねえ。
b0080055_14232580.jpg


 そしてお昼ご飯を買いにボンマルシェへ行くことに。その横の教会にちょっと興味があったので、寄ってもらった。ほんとすぐ近く。

 ここの教会が作っているメダルは奇跡のメダルと言うので有名だそうで、私は親の友人のヴェズレーにいる修道士さんからお守りだからねと自分が20歳の頃に神学校にいた頃だろうか?そこの寮のおばちゃん達にお祝いにもらったというものを私が21の頃にいただいたことがありました。金のマリア様がいるメダル。そのまま家に大事に保管してますが、旅に行くことが決まって情報を仕入れようと雑誌を買ったら、そこにここのメダルが出てたんでした。有名なメダルとそこで初めて知って、ぜひと思っていくことにしたんです。

 中庭を通り、教会の中へ。信者さんが熱心にお祈りをしていた。前のほうには人形のようなシスターが眠っているガラスの箱が置いてあった。皆がそこで熱心にひざまついていた。人形かな?人かな?と思いながら、キリスト教でもないので、遠慮して遠くから眺めて帰ることにした。
絵葉書を買って、後からよくみるとあれは本当に遺体だったそうだ。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 11:14 | paris

エルメへ行く

 やっぱりパリのお菓子屋さんといえばピエールエルメ。私は大好きなお菓子屋さんです。
お菓子のデザインも素敵だし、パッケージもオシャレ。

 ここもまでオープンしたてのようで、準備中。さてさて、値段を見ます。前回と違い、ユーロ高のせいか?ただでさい高いお菓子がさらに高いことに!!
 グラス入りを買ってみることにした。これは1個6.9ユーロ。約1000円はするものです。Emotion ExalteとEmotion Ispahanを買う。そしてDesireを買う。

 合計約3000円のケーキのお買い物。高い~~さすがに一瞬考えてしまいましたね・・・

 そんな高いケーキを買うってのに、店員さんはマイペース。綺麗に綺麗に飾られたお菓子を並べるさいにポテっと横に倒しちゃったりしてたりして・・・あああ~作っている人の悲鳴が聞こえてきそうです。

 外にはアイスとコンフィチュールが飾ってありました。後で買おうと思ってましたがコンフィチュール買うの忘れました。残念。
b0080055_14141766.jpg
b0080055_14142848.jpg

[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 09:01 | paris

いざお菓子を食べに出陣です~

 日曜になるとお菓子やさんは閉まる店が多いので今日と明日が正念場。朝、集合して友人が調べてくれたお菓子屋リストと地図を片手にニラメッコ。一番効率のいい方法で行く計画をたててくれる。

 まずは6区に行くことになった。ここはお菓子屋さんが沢山集まる場所。私が一番好きなところです。オシャレだし、便利だし、静かです。

 まずはクリスティアンコンスタンへ。開店したばかりで、お姉さんがお店の準備中。パックの商品が沢山並んでいた。チョコレートを数粒購入。そしてギモーブがないですか?(マシュマロ)と質問してみた。ここのバラのギモーブが私は前回食べて大好きになったんです。オレンジ花の香りのギモーブもあるんです。「ないです、来週ですね」との返事だった。残念。もしかしたら食べれないかな?とあきらめた。
 
b0080055_1359654.jpg

 
b0080055_13592634.jpg


 外に出ると、果物のコンフィが並んでいた。買わなかったけど綺麗なので写真を撮る。私はこれも好き。コンフィフィズリーがすきなんですね。こういうのは手間がかかるかた高い!

 
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-07 08:51 | paris

パリのアパルトマン

 ホテルを出て、あわてて近くのスーパーで買出しです。友人の後輩のI君のお家のキッチンを借りることになっているからです。

 時間を見るとけっこう遅くなってます。お家に遊びに行って、お料理の時間を考えると、簡単なものを作るだけになりそうでしたので、小さなスーパーの中で簡単そうなもの!と目をつけてサラダとガレット(すでに焼いてあるものです)、野菜のポタージュにすることにしました。
 
 メトロでは1回乗り換えで到着です。オペラ座の近くのグランブルバールで降りて、教えてもらったようにパッサージュを通って出て見える建物が後輩のお部屋です。携帯で連絡をとって、
暗証番号を教えてもらって、中に入りました。

 久しぶりにフランスのアパートです。階段を登り、お部屋へ。グリーンの壁が印象的なお部屋です。ルームメイトの男の子と2人暮らし。家具つき、キッチンが広いのが自慢のお部屋だそうです。確かにキッチンは広め。それぞれの部屋とリビングダイニングとキッチン。便利な場所にあるし、いいかんじでした。

 さて時間もないことなので、挨拶もそこそこにキッチンに入り慌ててお料理開始です。引っ越したばかりで物がないのか、やはり男の子らしいのかサッパリとしたキッチン。私は人の家のキッチンでも物がどこにあるか早く理解できるみたいで、自分の家みたいに勝手にあけて料理させてもらいました。時間がなかったのでスープの味が出る時間がなかったのが残念でした。
I君は気をまわせる人なのでお茶を入れてくれたり、いろいろと動いて奥さんのようでした(笑)

 人のキッチンなのに思いっきり集中して料理したのでなんかスカッとした私。思えば初めて来た家でガンガン料理しまくっているのも変な話ですね。理解してくれる人達でありがたかったです。
b0080055_13495094.jpg

 さて料理はというとほんとはサーモンとクリームチーズのガレット食べるつもりでしたけど、時間の都合でサラダ(これは皆がお手伝いしてくれました)野菜のスープ(お野菜食べたかったんです)そしてガレットコンプレ(ハムチーズ入りです)そしてデザートはI君がオススメなジャムでジャム入りのガレットにしてくれました。シードルを飲みながら、おしゃべりをして楽しい夕食になりました。

 2人ともパティシエさんなので朝が早い職業。遅い時間までお付き合いいただきありがとうございました。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-06 20:35 | paris

ホテルへ帰るまでに疲れる・・・

 モンパルナスの駅からメトロの駅がある階まで行き、まずはパリヴィジットを買うことにしました。メトロ3日乗り放題券です。確か3日ほど買うと1日6ユーロ(1000円程度で乗り放題です)我々はホテルがかなり中心から遠いのでこれを買うほうがお得なんです。しかし!行列してました。疲れているので、田舎のノンビリとした空気から比べて駅は騒音に聞こえます。やっと順番がまわってきて、私と友人のぶんを2枚買いました。

 初めて買ったんですけど、キラキラとホログラムが入っているメトロのチケット。可愛い。定期いれみたいなのついていて、なんか嬉しい気分になりました。

 今日使うともったいないので、まずは残しておいたカルネのチケットを使ってホテルまで行くことにしました。しかし!トラブル発生。友人が差し込んだカルネでは途中ドアが閉まってしまい、トランクが挟まれてしまいました。引っ張っても動かないので、私が後ろにいたので、「ええ~い」と手動でひっぱりあけようとしますが少しだけしか開かないので困っていました。すると、
わたしの肩を叩く人が。「通りたいの?」みたいに聞いてきました。そしたら、自分の定期券を入れてくれました、それでも駄目で今度は旅行者のアメリカ人ぽい男の人が自分のパリヴィジットを入れてたりして、ようやくドアが開いて通ることができました。

 こういう親切ってほんと有難い。日本ではこういうことあるのかな?とふと思いました。みんな一生懸命助けてくれるんです。

 そんなトラブルもありフラフラになりながら、ホテルへ。オンボロホテルだけど、ホテルのオジサン、おばさんの顔を見るとホッとします。部屋に行って、荷物を置いてから、再び出発です。
b0080055_13342193.jpg

[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-06 19:21 | paris

パリに帰る さよならHさん

 さて、いよいよブルターニュともお別れですね。パリに帰ります。TGVの中で買って来たお菓子を広げて食べる。ダニエルさんのお菓子(外がチョコで中にキャラメルが入ったやつ)、お菓子のセレクトショップみたいな各地の地方菓子を売ってる店で買った「ナントの地方菓子・フォンダンがかかっていて焼き菓子でした」そしてレンヌの駅の近くで買った最後のクイニーアマン。
b0080055_13204670.jpg

 モグモグと食べる。景色を眺め、そして喋り・・・何してたのかな?たぶん寝てたりもしたかな?
Hさんとは最後のお喋りタイム。2人の様子をビデオ機能で撮影して遊びました。

 15h05発→17H05 到着。2時間の旅。毎日車にゆられる生活してたので2時間が平気になっていましたね。
 
 モンパルナス駅に降りる。夕方だし賑やかです。Hさんとホントならパリで夕飯でもご一緒したかったんですけどね、お友達との約束もあるので、ここでお別れしました。私はまた高知でも会えるけど、友人とHさんとはお別れです。
 
 こういうときにあっさり、「じゃあ」ってお別れするところは男性ですよね。女性は最後まであ~でもないとお喋りして別れを惜しむかもしれません。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-06 17:01 | paris

駅へ

 駅へむかいながら車から見つけました。郵便屋さんの自転車。可愛いでしょう。
b0080055_1227372.jpg


 さて例のレンタカー屋さんがない事件がおきたユーロップカーへ。レンタカーって毎回思うけど、返却はあっけないんですよね~

 その後荷物を持って駅へ。荷物預かり所が閉まっていたので荷物に困った。我々はお菓子屋さんのダニエルに寄りたかったので、Hさんが親切にも駅のカフェで荷物を持って待っていてくれるとのことでした。
b0080055_12245130.jpg


 駅の案内書のおじさんにお菓子屋さんの住所を見せて場所を教えてもらった。けっこう早く行けそうだった。レンヌの街の中に入ったのは駅には何度も寄るんだけど初めてだった。さすがブルターニュで一番大きな街なだけある。メトロもあるし大学もあるし大きい。時間があれば宿泊していろいろと観光したいかんじでした。
b0080055_1225956.jpg

b0080055_1225378.jpg


 ダニエルさんは2軒ある。まずは1軒目を発見。こちらは新しいお店である。古いほうの店に言ってみることにした。広場の横のテアトルのあたりにあるよとお姉さんが教えてくれた。

 広場まで向かう。大学生がマニフェスタッションをしてたようでゾロゾロと人が出てくる。広場に面してお店を見つけた。お昼休みみたいで閉店していた・・・残念でした。
b0080055_12285676.jpg

b0080055_12255726.jpg


 しょうがないのでもとのお店へ。ケーキを2個と私はお土産用にサブレ。そして少し暑かったのでアイスを買った。私はパッションフルーツ。友人はリコリスという(甘草)黒いちょっとあやしいいやつを選んだ。ヨーロッパの人が大好きな駄菓子で黒いキャンデーがあるけどあれだと思う。前に食べたけど顔をしかめる味です。友人のを少し味見させてもらったけどこれは美味しかった。アイスをなめなめ駅へ戻る。
b0080055_1226131.jpg

 
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-06 13:13 | bretagne rennes

最後のブルターニュ レンヌへむかいます

 さてブルターニュも最後の日。レンヌへレンタカーを戻しに帰ります。われらがフィアットのパンダとも今日でお別れです。よく走ってくれましたね。
b0080055_1210361.jpg


 高速でレンヌまで。高速から見える眺めも最後です。さて私は最後の車での睡眠はとっていたのかな?忘れてしまいましたが、今回の旅は車でよく寝ました。まっすぐではなく45度傾いて寝るという技を覚えてしまいました。運転手からすると後ろから姿が消えてしまうそうです。マジックのようですね(笑)
b0080055_12102050.jpg


 高速を降りてからHさんはやたら元気になってきました。レンヌのサッカースタジアムが道路沿いにあることがわかったからです。そのままスタジアムへ!ルマンのとは雲泥の差。大きな綺麗なスタジアムです。ショップも大きい。Hさんはここでもグッズを購入してましたよ。
b0080055_12103965.jpg

b0080055_12105275.jpg


b0080055_12125283.jpg

 ちょうどお昼なのですぐ近くで食事をすることに。そばにショッピングセンターがあり、Flunchがあったのでそこへ行くことに。私も何度か行ったことあるレストランのチェーン店。安いので有名です。ランチのセットもいろいろ選べます。学食みたいにトレイとフォークとかパンを取っていきます、途中クリュディテのコーナー(サラダバー)で選び、私はメインにアンドウイユの焼いたのをチョイス(最後の食べ収めです)付け合せはいろんな種類を好きなように盛れます。学食気分で久しぶりに楽しかったですね。お水を取りに行くと、ホシザキのメーカーの機械があって「おお!日本製!」と妙に感心してしまいましたね。
b0080055_1211893.jpg


 ご飯を食べたら、いよいよ車を返却しに駅へむかいます。
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-06 08:59 | bretagne rennes

最後の晩餐

 さてホテルに到着。明日の夕方にはHさんとはお別れなので寂しいけどホテルの部屋で最後の晩餐です。

 料理を広げてまず食事。ブルターニュのビールとかも飲んだりしました。Hさんはやはりサッカー番組は欠かせないようでした。お喋りしながらもぐもぐ食べてましたが、とにかく強行軍なので疲れが出て眠くなりました。友人は運転の疲れでとうとうダウン。ショコラパーティーができないので途中仮眠することに。私は大丈夫とおもむろにまた食べ物を引っ張り出してモグモグ食べていましたが、食べながら眠くなったので「もう眠いだめです、私も失礼してちょっとだけ寝ます!」と仮眠を取ることに。
b0080055_11395145.jpg



 私は30分ぐらいで復帰したでしょうか?友人は1時間たっても起きないので時間も遅いので、かわいそうだけど起こすことにしました。ムクッと起き上がり、Hさんと私のほうを見たんですけど、数秒後また倒れて寝始めました(笑)再び起こして、さっきの覚えてるか?と聞くと「ぜんぜん」との返事。Hさんと私には信じられません。だってパッチリと目をあけて私たちを見て返事してたのにです。面白かった。

 さて復活もしたのでショコラパーティーのはじまりはじまり~実際まだルルーさんのチョコはお店で食べたの以来食べてなかったのでした。一粒を3等分して平等にそれぞれの味を味わいました。美味しい~。でもねやはりお店でできたての味が最高だったかな?友人は復活祭用のチョコを割ってくれることに!卵からはいろんな形のチョコがまた出てくるんです~ルルーさん自慢のネズミとチーズのマジパンが今までの味とまるで違って驚きました。サクッと自然な味のあーモンド風味だったんです。その後甘口のワインを飲んで、いろいろなお話を3人でかなり遅くまで話続けたのでした。お開きは3時だっけ?
b0080055_11402168.jpg

b0080055_1140391.jpg

b0080055_11405077.jpg


 しかしHさんって夜は何時までも起きていて元気でしたね。うらやましい。お子様の私なんて車で寝て、さらに寝るのに・・・
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-05 23:24 | bretagne quimper

買出しに・・・

 工房から出て、そばのお土産やさんで他の人が買い物して、その後スーパーに寄ってお買い物することに。途中運河沿いにお花が咲いてました。
b0080055_1121913.jpg

 ブルターニュ独特のものを見つけたので写真を撮ることに。塩入りバターや、アンドウイユ(内臓入りソーセージ)、そば粉の加工品、クレープなど沢山あります。余裕があったらここに滞在して料理を作りまくりたい~と思いながら、今日の晩御飯も買出しします。
b0080055_11212925.jpg

b0080055_11214631.jpg

b0080055_1122232.jpg

b0080055_11221476.jpg


 ニシンを買いました。私はニシンの酢漬けが大好きなんです。本当はゆでたじゃがいもを一緒にサラダにするのが最高なんですけど、料理できないのでニシンだけ食べます。他にはクリュディテやパテにすることに。

 さてさて明るいと思ってもすでにスーパーも閉店の時間が迫っていました。8時ってこと?急いでパン屋によってバゲットを買う。そこにいた店員のお姉さんが可愛い人でHさんは嬉しそうで「可愛い・・・」と呟いておりました。

 今日の夜はHさんがわざわざルルーさんのチョコを友人用にお祝いとして買ってくれたので、それで皆でショコラパーティーをすることにしているので、ワイン屋チェーン店のNICOLAに寄って、チョコレートにあうワインくださいと頼んで選んでもらいました。NICOLAも地方地方で品揃えは違っているようでしたが、私が昔見たNICOLAブランドがまだあって懐かしくなりました。





 
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-05 20:09 | bretagne quimper

陶器を買いに行くぞ~

 さてカンペールに来た私の一番の目的であります陶器を買いに工房まで出かけます。街の中心地から少し歩いていくとありました。途中でこんな表示を沢山見かけました。これはブルトン語なのかしら?2つ書いてありますね。ドイツ語みたい。
 
b0080055_1181592.jpg


 さて工房に到着。入ると受付のおばちゃんたちが笑顔で迎えてくれました。工房見学するつもりで聞いてみると、もう最後のツアーが出たのよねとのこと残念!しょうがないので陶器を見ることにしました。想像以上に広くて驚きました。アウトレットも隣の部屋に分かれてあります。
b0080055_1183856.jpg


 伝統柄といっても沢山あります。人や鳥やお花。悩んでしまいます。疲れてもいるので、思考が働かなくて困りましたね。あんまり他の2人を待たせるのも良くないなと焦ってしまいました。
そしてユーロが高くなっているので、全て手描きのお皿のこの工房のものは高い!すぐに5000円になってしまいます。あと陶器は重いので飾り皿用に1枚。カップを1客買いました。それもアウトレットで綺麗なやつ探してです。それで7000円程度はしたでしょうか?
[PR]
# by cerisier39 | 2006-04-05 19:58 | bretagne quimper