カテゴリ:bretagne rennes( 4 )

駅へ

 駅へむかいながら車から見つけました。郵便屋さんの自転車。可愛いでしょう。
b0080055_1227372.jpg


 さて例のレンタカー屋さんがない事件がおきたユーロップカーへ。レンタカーって毎回思うけど、返却はあっけないんですよね~

 その後荷物を持って駅へ。荷物預かり所が閉まっていたので荷物に困った。我々はお菓子屋さんのダニエルに寄りたかったので、Hさんが親切にも駅のカフェで荷物を持って待っていてくれるとのことでした。
b0080055_12245130.jpg


 駅の案内書のおじさんにお菓子屋さんの住所を見せて場所を教えてもらった。けっこう早く行けそうだった。レンヌの街の中に入ったのは駅には何度も寄るんだけど初めてだった。さすがブルターニュで一番大きな街なだけある。メトロもあるし大学もあるし大きい。時間があれば宿泊していろいろと観光したいかんじでした。
b0080055_1225956.jpg

b0080055_1225378.jpg


 ダニエルさんは2軒ある。まずは1軒目を発見。こちらは新しいお店である。古いほうの店に言ってみることにした。広場の横のテアトルのあたりにあるよとお姉さんが教えてくれた。

 広場まで向かう。大学生がマニフェスタッションをしてたようでゾロゾロと人が出てくる。広場に面してお店を見つけた。お昼休みみたいで閉店していた・・・残念でした。
b0080055_12285676.jpg

b0080055_12255726.jpg


 しょうがないのでもとのお店へ。ケーキを2個と私はお土産用にサブレ。そして少し暑かったのでアイスを買った。私はパッションフルーツ。友人はリコリスという(甘草)黒いちょっとあやしいいやつを選んだ。ヨーロッパの人が大好きな駄菓子で黒いキャンデーがあるけどあれだと思う。前に食べたけど顔をしかめる味です。友人のを少し味見させてもらったけどこれは美味しかった。アイスをなめなめ駅へ戻る。
b0080055_1226131.jpg

 
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-06 13:13 | bretagne rennes

最後のブルターニュ レンヌへむかいます

 さてブルターニュも最後の日。レンヌへレンタカーを戻しに帰ります。われらがフィアットのパンダとも今日でお別れです。よく走ってくれましたね。
b0080055_1210361.jpg


 高速でレンヌまで。高速から見える眺めも最後です。さて私は最後の車での睡眠はとっていたのかな?忘れてしまいましたが、今回の旅は車でよく寝ました。まっすぐではなく45度傾いて寝るという技を覚えてしまいました。運転手からすると後ろから姿が消えてしまうそうです。マジックのようですね(笑)
b0080055_12102050.jpg


 高速を降りてからHさんはやたら元気になってきました。レンヌのサッカースタジアムが道路沿いにあることがわかったからです。そのままスタジアムへ!ルマンのとは雲泥の差。大きな綺麗なスタジアムです。ショップも大きい。Hさんはここでもグッズを購入してましたよ。
b0080055_12103965.jpg

b0080055_12105275.jpg


b0080055_12125283.jpg

 ちょうどお昼なのですぐ近くで食事をすることに。そばにショッピングセンターがあり、Flunchがあったのでそこへ行くことに。私も何度か行ったことあるレストランのチェーン店。安いので有名です。ランチのセットもいろいろ選べます。学食みたいにトレイとフォークとかパンを取っていきます、途中クリュディテのコーナー(サラダバー)で選び、私はメインにアンドウイユの焼いたのをチョイス(最後の食べ収めです)付け合せはいろんな種類を好きなように盛れます。学食気分で久しぶりに楽しかったですね。お水を取りに行くと、ホシザキのメーカーの機械があって「おお!日本製!」と妙に感心してしまいましたね。
b0080055_1211893.jpg


 ご飯を食べたら、いよいよ車を返却しに駅へむかいます。
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-06 08:59 | bretagne rennes

レンタカー会社がないない~

 駅に到着。レンヌはメトロも走るほどの街。この駅って思えば3度目だろうか?

 さてレンタカーを借りるべく会社を探す。駅の表示を見てそれらしきところへ。5社ぐらいレンタカー会社が集まるブースに行く。我々が探すのはauto europeっていう名前である。でもなかった・・・「えええ?」と友人が予約した確認の紙を見る。場所も駅になっているし、ここしかないぞ~とりあえず暇そうな会社に入り質問する。「う~ん、知りませんね」とあっさり言われた。「どうしよう~」と少しだけ焦ってきた。「ハーツとかより1万円も安い会社にしたのが悪かったねえ」とか言いながらである。

 次に駅のおじさんに質問。たぶんあの会社のうちのどれかということでたぶん提携しているんだろうみたいな内容を言った。(細かいことはわかりませんが推測して理解)

 3人で会議。まずこの会社の本拠地がわかんないのである。書いてある電話番号はドイツの番号。そしてサービスセンターみたいなのはアメリカ。もしかして街中に会社のオフィスがあるかも?というHさんの提案で友人とHさんが探しに行く。しかしない。

 もうこれはもう一度聞くしかない!ということで今度は名前が似ているeurope carっていうところに入って質問。「う~んわかりません」と言われて予約の紙を見せると、名前を見て「ああ!わかりましたこれだ!」となんと友人の名前入りの封筒を出した。そこには書類と鍵が入っているのです。

 いや~一安心。任意保険を20ユーロ追加して契約。いざ駐車場へ。これがかなり遠い!10分は軽く歩いてもたどりつかない。こういうのが安いってことかな~とか言いながら車へ。

 あったのはFIATのパンダって車。あれ~ルノーのトゥインゴかと思ったのに~ということで少しガックリ。ルノーよりさらに小さい。荷物を苦労してつめていざ出発!!

 友人が運転手、Hさんが助手席に座りナビ係。私はお子様役で後ろ。これから珍道中の始まりです。
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-03 09:38 | bretagne rennes

いよいよブルターニュに入る

 朝時計を1時間見間違えて寝坊。友人がドアをコンコンと叩いて呼ぶので「やたら気が利くねえ~」と呑気に思ってノホホンと準備をしていたら、また呼びにきた。「もう出発するよ!」と言われて寝坊していることを自覚する。

 大騒ぎで荷物をつめて髪もそのまま顔もほぼノーメイクで出て行く。「なんだ早いですね」とHさんに言われた。もう出発するというのであわてたんだけど大丈夫だったみたいで、一安心する。

 さてまだ薄暗い町を駅までまたもや歩く。延々歩く。歩くことは得意だし、歩くのは早い。でも荷物が肩に食い込んで痛い・・・。さてTGVを待つ。ルマンの小学生達が修学旅行なのか林間学校なのか9歳ぐらいのチビッコチームが現れる。小さなキャスターつきの荷物をみんな持っているのが可愛い~!フランスも流行っているのかしら?一人のメガネちゃんな女の子の大声が聞こえてきた。「ちょっと危ないでしょう~前見てよ~」と怒りまくって男の子に注意している。この年代は女子がかなり強い。どこの国も同じで、おもわず笑ってしまった。

 レンヌまで2時間。朝ごはん食べたり景色見たり、時々ウトウトしながら到着する。

b0080055_17112341.jpg

[PR]
by cerisier39 | 2006-04-03 04:26 | bretagne rennes