2006年 04月 07日 ( 10 )

感動の再会

 今日の夕食は「les papilles」というレストランです。もともとはワイン屋さんをタイユヴァンのシェフパティシエのベルトランさんが買い取り、食事できるスペースもつけたもの。


 ネットでこのお店を見つけて、かんじよさそうだと思ってよくよく調べたら、私が研修していたときにいたシェフパティシエさんだったんです。これは行かねば!ということで人気店とあったので、予約をしたんですが、ものすごい早口だったので予約大丈夫?と心配しながらお店へむかいました。

 店に到着して、I君がトラブル発生で遅れますとのことで中で待たせてもらうことにしました。どの人がベルトラン?とドキドキして見回すと出迎えてくれた人がそうでした。デッカイ身体にスキンヘッドマユも薄いし、なんかマフィアとかにいそうなかんじで怖い。でも、いったん喋って笑顔を見たら「そうかもね?」と思えました。

 それでも昔の写真のコピーを見て、友人にも確認を取ってもらい、たぶんそうだということに。
しかしすでに満席状態のお店はどんどん忙しくなるので声をかけるタイミングが難しそう。

 その後I君登場で飲み物を決めることに。なんだかワインが少し値段が高いねということで、I君シャンパンが好きだそうなのでそれを1本頼みました。料理は皆同じメニューで28ユーロ。
前菜とメインとチーズとデザートもついてます。安くて美味しいとのことで、お店は大繁盛だそうです。

 料理とシャンパンを楽しみ、お腹はいっぱいに!けっこう多いんですよね。こういうお店にしては銅鍋でサービスしてくれるとかグラスが立派だったり、そういう面で星付出身らしさが見えるのかな?と思いました。サービスしてる姿は気さくそのもの、どんどんと人が入ってお店はワイワイにぎやかです。

b0080055_15322977.jpg

ビスク スーピエール(スープ入れる容器)でサービスされるので1杯以上食べれる量
b0080055_15324290.jpg

鶏の胸肉と小玉ねぎなど野菜 
下にマカロニが入っていてソースは素材の出汁にクリーム入れただけのものだった。
b0080055_15325733.jpg

タップナードとヤギのチーズ

写真を忘れましたが、お菓子はチョコのガナッシュでした
 
 人の流れもひと段落したところでI君がベルトナンに尋ねてくれました。「当時のことを覚えていますか?」みたいな内容です。なんと!「うっすら」どうも覚えてくれてたそうです。シェフはタイユヴァンからいまではロシアで働いているとのこでした。私が持ってきたコピーを見せると「かわっただろう~」と言ってました。確かにあの可愛い初々しいかんじはないです。ちなみに私も同じく変化してるわけだし、10年一昔を感じますね。でも性格は変わらず優しい温かい人柄でした。

帰り際、ビズをしてお別れの挨拶をしました「また10年後に会おうね!」と言われお店を出ました。「10年後、いや~さすがに私は40歳?どうなってるのやら?」と帰り道笑いながら帰りました。

 しかし感動の再会をはたして、なんとも不思議な気分。
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 20:12 | paris

スターバックスでお茶する

 ちょっとさすがに疲れてきたのでles hallesの駅にあるスタバで一休みすることにしました。
日本と同じぐらいの値段。やはり世界共通なのかな?(といっても台湾・北京しか知りませんがね)


 でっかいソファーがある席でボーっとお茶していると、隣の席の黒人の女性から「日本人ですか?」と声かけられました。

 日本語が喋れる彼女は神戸の大学で勉強していたそうで、ダンナさんまで紹介してくれました。久しぶりに日本語を喋りましたと流暢な日本語で喋っていました。とても感じのよい人達でした。

 このまま座っていると動けないなりそうで、気合を入れてホテルまで帰ります。私はどうでもいい格好してたので着替えて、再び出発です。
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 19:08 | paris

道具屋さんへ

 さて、今度は道具屋へles halleへ地下鉄に乗りでかけます。仕事が午後には終わるI君も合流してくれるそうで、道具屋MORAで一足お先に待ちます。

 I君やってきて、いろいろと解説してくれます。その語りを聞いているうちに買う予定でなかったシルパットの穴があいたやつを買ってしまいました。もともと欲しかった、ヘラやら泡だて器やら買って、そして卵の殻を綺麗に切り取る道具まで買っちゃいました。

その後友人に頼まれた口金がmoraになかったのでa simonへ。I君がお店の人に聞いてくれて口金を見つけることができました。特別にショーケースに入っているこの口金。日本では5000円はするそうですが、ここでは1個1000円。私もついでに買っておきました。ここのオジサンけっこう気さくで可愛い。

 他にデュルイランにも寄ります。ここはほんと古い建物。あんまりデカイ木へらを見つけて写真を撮りました。5メートルはありそうです。他にも銅鍋達。MORAの紙袋をさげてる私に店のおじさんが笑っておりました。ここには沢山の日本人が買いものに来るからでしょう。
b0080055_157379.jpg

b0080055_157195.jpg


 何度来ても楽しい道具屋街。ついでにI君オススメの古着屋さんへも。日本からも買い付けにくるとのことで、古着以外にも本とかあったりしてオシャレなお店でした。

 ここでI君とはいったん別れて我々はホテルに荷物を置きに帰ります。
 
 
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 18:57 | paris

あらら暴動か?

 店を出て歩いていたら、なんだか人だかりがしていました。

 気になるので、ちょっと寄り道ということで見に行くことにしました。警察やら、報道のカメラの人とかがいるので、お!暴動かしら?とドキドキ。見ればルノーのツウィンゴのフロントガラスが割られていてレッカーされています。少し前に一騒ぎあった様子。インタビューを受けている学生らしき人とかもいて、面白く見学しました。周りには我々と同じ野次馬が沢山。皆携帯で写真を撮っています。どこの国も同じ姿ですね。

 
b0080055_12555285.jpg

b0080055_1256450.jpg

b0080055_12561537.jpg

[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 16:52 | paris

再びチョコを目指して

 一息ついて再び行動です。公園を出て6区の裏通りをウロウロ歩いていたら、とある店の前にワンちゃんがいました。ずっと片足上げてお座りしてるので、あまりの可愛さに声をかけてみた。それでも足上げたままなので「写真撮るよ」と言ってパチリ。なんか撮られなれている雰囲気でしたね。
b0080055_12505782.jpg



 今度はピエールマルコリーニへ。

 マルコリーニは知っているイメージどうり。シンプルでシックなお店です。店員さんにチョコレートの説明をお願いした。ちょっと女性ぽい喋り方の男性の店員さんは真面目に真剣に説明してくれる。でも知らないものもあったようで、女性店員に「これはなに?」と控えめに質問をして「ああそうか」と納得して再び説明してくれた。なんだかミスしたら、泣いてしまいそうな雰囲気を持ってて、気になってしまう。ハートの形のと、スミレ味、キャトルエピス(スパイス味)とそしてチョコの粒が入ったギモーブを買った。お金はなるべく小銭を使いたかったので、小銭をチャラチャラ並べて計算してもらった。お兄さんは笑っていた。

 さてさて、お次はパトリックロジェへ。番地を頼りに行ったけど、見つからなくてけっこう歩いた。
お店はなんか洗練っていうの言葉にはならない雰囲気で雑多なイメージ。パックの商品がところ狭しと並んでいます。
b0080055_12482058.jpg

b0080055_12484543.jpg


友人はそこで高くて有名な目玉みたいなチョコを買いました。47ユーロだったような?(あまりに高くて記憶しました)3種18粒入り。店員さんに聞いても一粒売りはしないとのことでした。私はまた説明をうけて、ここはフルーツっていうイメージがあるので、フルーツのフレーバーなどを何粒か購入しました。お金を払っていると、大通りではパトカーが沢山走り始める音がするので見ていたら、「マニフェスタッションよ」と店員さんが教えてくれました。
b0080055_12485850.jpg

b0080055_12491344.jpg

[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 15:35 | paris

やっと一息。お昼を食べま~す。

 お腹もすいて、いよいよランチタイム。リュクセンブルグ公園に行きます。パンもメインもデザートもありますよ~。
 ポワラーヌのパンを食べて、サラダとジャンボンペルシエを食べる。外で食べる食事は美味しいね~。
 
b0080055_14381076.jpg

 いよいよ高い高い、エルメのデザートだ!トマトがはいったのを食べる。ううう・・・?あえてデザート?うう~ん高級トマトが沢山あるなかで育った私にとっては、もっとトマトのレベルアップをお願いしたかった。イスパバンのグラスデザート。「うう~ん味がぼやけてるな~イスパバンが美味しいよね」という話に・・・デジレを食べる。「一瞬カルピス?と思った」「複雑な組み合わせでいろんな味が組み合わさってるけど、カルピスだね」と・・・・・3000円(ランチに匹敵する)のデザートはあっというまに終了。
b0080055_14382735.jpg

b0080055_14384574.jpg

b0080055_1439077.jpg


 我々の後ろをパリマラソンサークルみたいな人がエッサエッサと走っていた。そんななかをデザートをモグモグ食べておった。お喋りして、ちょっと景色を眺めて、少し一息つきました。

 仕上げにコンスタンのチョコをちょこっといただいて、さあ次に出発で~す
b0080055_14394239.jpg

[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 15:31 | paris

ボンマルシェでマダム気分

 さてボンマルシェへ。友人はここの上の階にあるお菓子屋さんが気になるそうで、洋服コーナーを通り過ぎ、そこの店があるカフェへ。どうもカフェで食べるお菓子のようだった。しょうがないので、降りる。
 次に地下に下りた。ここでプラスチックのフォークを買う。さすがボンマルシェ。使い捨て用のパーティーするための食器類が可愛い~長居しそうだった。でも高い高い、こんなパーティーするだけにそろえるの軽く5000円以上は飛んでいきそうな商品たちだった。やっぱり高級デパートね。
 食品売り場へ。ここの食品売り場が好きである。ほんとは時間があれば1時間は軽く遊べるけど、時間がないのでお惣菜を買う。やっぱりジャンボンペルシエははずせません。ここの美味しいのです。後はクリュディテのインゲンを買う。

 歩きながらお水コーナーを撮ってみました。ぶれていますが、いろんな形のお水がいっぱいです。
b0080055_14303198.jpg

b0080055_14304798.jpg

[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 14:24 | paris

ポワラーヌを買って教会へ行く

 歩いていてポワラーヌ発見。ついつい買ってしまった。だってだって、美味しいもん。このサクサクに焼いた素朴なパイ生地たまりません。リンゴのタルトとショーソン。そういえば、日本人を見かけないですね。この界隈なら観光客歩いてそうなのにねえ。
b0080055_14232580.jpg


 そしてお昼ご飯を買いにボンマルシェへ行くことに。その横の教会にちょっと興味があったので、寄ってもらった。ほんとすぐ近く。

 ここの教会が作っているメダルは奇跡のメダルと言うので有名だそうで、私は親の友人のヴェズレーにいる修道士さんからお守りだからねと自分が20歳の頃に神学校にいた頃だろうか?そこの寮のおばちゃん達にお祝いにもらったというものを私が21の頃にいただいたことがありました。金のマリア様がいるメダル。そのまま家に大事に保管してますが、旅に行くことが決まって情報を仕入れようと雑誌を買ったら、そこにここのメダルが出てたんでした。有名なメダルとそこで初めて知って、ぜひと思っていくことにしたんです。

 中庭を通り、教会の中へ。信者さんが熱心にお祈りをしていた。前のほうには人形のようなシスターが眠っているガラスの箱が置いてあった。皆がそこで熱心にひざまついていた。人形かな?人かな?と思いながら、キリスト教でもないので、遠慮して遠くから眺めて帰ることにした。
絵葉書を買って、後からよくみるとあれは本当に遺体だったそうだ。
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 11:14 | paris

エルメへ行く

 やっぱりパリのお菓子屋さんといえばピエールエルメ。私は大好きなお菓子屋さんです。
お菓子のデザインも素敵だし、パッケージもオシャレ。

 ここもまでオープンしたてのようで、準備中。さてさて、値段を見ます。前回と違い、ユーロ高のせいか?ただでさい高いお菓子がさらに高いことに!!
 グラス入りを買ってみることにした。これは1個6.9ユーロ。約1000円はするものです。Emotion ExalteとEmotion Ispahanを買う。そしてDesireを買う。

 合計約3000円のケーキのお買い物。高い~~さすがに一瞬考えてしまいましたね・・・

 そんな高いケーキを買うってのに、店員さんはマイペース。綺麗に綺麗に飾られたお菓子を並べるさいにポテっと横に倒しちゃったりしてたりして・・・あああ~作っている人の悲鳴が聞こえてきそうです。

 外にはアイスとコンフィチュールが飾ってありました。後で買おうと思ってましたがコンフィチュール買うの忘れました。残念。
b0080055_14141766.jpg
b0080055_14142848.jpg

[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 09:01 | paris

いざお菓子を食べに出陣です~

 日曜になるとお菓子やさんは閉まる店が多いので今日と明日が正念場。朝、集合して友人が調べてくれたお菓子屋リストと地図を片手にニラメッコ。一番効率のいい方法で行く計画をたててくれる。

 まずは6区に行くことになった。ここはお菓子屋さんが沢山集まる場所。私が一番好きなところです。オシャレだし、便利だし、静かです。

 まずはクリスティアンコンスタンへ。開店したばかりで、お姉さんがお店の準備中。パックの商品が沢山並んでいた。チョコレートを数粒購入。そしてギモーブがないですか?(マシュマロ)と質問してみた。ここのバラのギモーブが私は前回食べて大好きになったんです。オレンジ花の香りのギモーブもあるんです。「ないです、来週ですね」との返事だった。残念。もしかしたら食べれないかな?とあきらめた。
 
b0080055_1359654.jpg

 
b0080055_13592634.jpg


 外に出ると、果物のコンフィが並んでいた。買わなかったけど綺麗なので写真を撮る。私はこれも好き。コンフィフィズリーがすきなんですね。こういうのは手間がかかるかた高い!

 
[PR]
by cerisier39 | 2006-04-07 08:51 | paris